設定課題

設定課題

  1. 申込み分野の設定課題をダウンロードしてください。
  2. 申込みされた分野の設定課題を確認ください。
  3. 設定課題は以下の区分で記載しています。
「1.高齢者役設定データ」・・対象となる高齢者の情報です。この情報を読取り高齢役の役作りと、実技者は適切なケア手法を考えてください。
(「看取り」分野のみ別途詳細データを付記しています)

「2.実技者の設定課題」・・今回の実技者が行う設定課題です。「1.」の設定データに対しての設定課題の実演を行います。

「3.演技者(高齢者役)の動きと経過」(「食事」「認知症」分野)・・高齢者役の動作を指示しています。この指示に則り「1.」の設定データを読取り演技を行ってください。

「3.設定課題の流れ」(「看取り」分野)・・課題中の必要な行動と経過となります。

「4.準備品目」・・必要な準備品目となります。準備品については「1.」「2.」設定を考え任意で必要物品を準備することも可能です。2台目のカメラも任意の設定とします。

「5.配置」・・目安となる配置図となります。必ずカメラ設定箇所は確認のうえ、必要なアングルを確保してください。
  1. 設定課題内に実技時間が記載されています。設定時間を超えることの無いよう調整ください。
  2. 実技終了後「実技者者の実技に対してのコメント」時間があります。実技を行ううえで配慮した点、考えた点を発表ください。
  3. 撮影手法については「撮影マニュアル」を必ず確認してください。
  4. *原則カメラ固定撮影となりますが、「認知症」分野のみ動きを追う撮影を行う場合は、カメラ移動による撮影は可能です。

  5. 「設定課題」については自身の職場で共有いただき、協議いただくとも可能です。
  6. 「設定課題」については課題の中身に触れる質問はお受けすることはできません。但し「設定課題」の変更についてはお問い合わせください。

 

【高齢者役について】

  1. 高齢者役は実技を行ううえで重要な役割を持ちます。必ず設定データを読取り、設定に近い形での演技を心がけてください。
  2. 人選については各自の判断で行っていただきますが、職場の同僚、上司、実際のご利用者、ご利用者家族、地域の方と広く応募設定していただくことも可能です。
  3. 高齢者役の方についてもWEB上での公開対象となります。公開前に個人情報保護についての確認を実施しますが、公開可能な方の人選をお願いします。

【各設定課題ダウンロード先】